アクセス解析

【アクセス解析】SlackにGoogleAnalyticsの情報を送る

サイト運営をしている方は、GoogleAnalyticsを利用してアクセス解析をしているでしょう。

アクセス数を確認する時にいろんな手間が発生します。例えばGoogleAnalyticsにログインする手間チームメンバーと共有する時の手間が発生したりします。

今回は、そんな問題を解消するSlackにGoogleAnalyticsの情報を送って確認する方法について書いていきたいと思います。

ことのはじまり

僕は友人とBeproというプログラミング学習サイトを運営しているのですが、GoogleAnalyticsの情報を楽に共有する方法を探していました。共有したかったデータが、GAのホームで表示されている下図のデータです。

このデータをSlackのチャンネルに定期的に送れば、わざわざログインして見る手間を省くことが出来ます。今回はそれを可能にしてくれるサービス「cube.js by statsbot」について紹介したいと思います。

cube.js by statsbotとは?

データベースやGoogleAnalyticsの情報をSlackのAppであるStatsbotと接続して、Slackの通知として受け取る事が出来る無料サービス。

利用手順

Slackと連携

①cube.js by statsbotのサイト
Get Startedをクリック

Sign up with Slackをクリック

④Slackのグループ名を選択して、許可する。

GoogleAnalyticsと連携

①StatsbotのDataSourceAdd Data Source

Google Analyticsを選択

③Googleアカウントを選択

DataSourceに自分のサイトが追加されているのでEditで編集

⑤送信するSlackのチャンネルを選択

Slackに送信する情報の設定

※GAと全く同じにしようと思ったが、数値の単位や表示方法に差異がありサクっと出来なかったので、最低限必要なユーザー数とセッション数を下図の様に表示して送信する想定とする。

①StatsbotのDashboardsNew Dashboard

②右上にあるAdd Chartから情報追加画面へ

MeasureからSlackに送信するデータの設定

 

④送信内容の詳細設定

 

Add to Dashboardをクリック⇒設定ウィンドウが出てくるので入力後Save

Slackに送信する日時を設定

Dashboardsから先ほど作成したボードをクリック

②右上のScheduleをクリックして、各項目を指定してからSave

SendTestで実際にチャンネルに送信されるか確認しておく。

③完了

後日、指定した日時に送信されてるか確認してください。

まとめ

今回は、Statsbotを利用してSlackにGoogleAnalyticsの情報を送る方法について書きました。

簡易的な数値を送るだけでしたが、細かい設定をすると今以上にGAに近い状態で送る事も出来るでしょう。また時間がある時に設定する機会があれば、紹介したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。