ブログ

【WordPress】バックアップについて

初めてWordPressのアップグレードが来ました。

アップグレードをする前にバックアップをすると思うのですが、普段からバックアップを定期的に行っていますか?

僕は全くしていなかったのですが、ブログ運営をしていくならやっておいて損はないです。むしろやらないといけない事です。

なので、今回はWordPressサイトのバックアップについて書いていきます。

何故バックアップをするのか?

当たり前かもしれませんが、データを壊してしまった時の対応をする為です。

データを壊してしまった場合は、画面が真っ白になったり表示がおかしくなったりするそうです。

WordPressテーマの制作を師匠がやっている所を陰ながら見守ってましたが、必要なデータが足りない場合や壊れてしまってる場合は「あ!バグってる…」って素人目でも分かります。

サイトが壊れる可能性があるのはWordPressシステムに手を加えた時です。

バックアップファイル

WordPressサイトのバックアップはデータファイルデータベースの2つをバックアップします。

  1. データファイル(テーマ、プラグイン等)
  2. データベース(記事データ等)

このバックアップファイルさえあれば、データが吹っ飛んだとしても復帰させる事が出来ます。

バックアップの仕方

サーバー機能を利用する

僕はレンタルサーバー(エックスサーバー)を利用していますが、レンタルサーバーには自動バックアップ機能がついてたりします。

それを利用すれば万事解決!なのですが、自動バックアップされたデータを取得するにもお金がかかるみたいです。

そんな事にお金をかけたくないし、それなら自分でやればいいと思ったので、僕はレンタルサーバーから手動でバックアップしています。

僕が参考にさせていただいた、エックスサーバーからバックアップする方法が下記サイトで丁寧に説明されているので、リンクを貼っておきます。

プラグインを利用する

サーバー機能を利用する場合は、有料で自動バックアップをするか、無料で手動バックアップをするかでした。

どうやらプラグインを利用すれば無料で自動バックアップをする事が出来るみたいです。まだ対応していませんが、自動バックアップをする為のプラグインを入れるのはありかもしれません。

下記サイトで丁寧に説明されているので、リンクを貼っておきます。

まとめ

今回は、WordPressのバックアップについて書かせていただきました。要点だけ軽くまとめます。

要点まとめ
  1. WordPressのバックアップはデータファイルデータベースの2つをバックアップする
  2. バックアップの方法は、サーバー機能を利用したりプラグインを利用する方法がある

今は手動でバックアップしていますが、作業効率化の為にプラグインを利用して自動バックアップにしたいと思っています。最後まで読んで頂きありがとうございました。