開発雑記

ライブラリとフレームワークを理解する

プログラミングをしていると、ライブラリやフレームワークはいつか触る機会が来ると思います。ただ「なんとなく理解した!」って感じで進んでいないですか?僕はまさにそれの該当者でして・・・

Web系のプログラミング言語を学びはじめてから、ライブラリやフレームワークという言葉を目にすることが多くなったので、この機会にちゃんと理解する為にまとめようと思います。

ライブラリとは?

いろんな機能を持ったプログラムがまとまったもの
用途に応じてライブラリーが存在し、その中にいろんな機能がある。

フレームワークとは?

framework = 枠組み

アプリケーションを動かすためのプログラムの枠組み。フレームワークを利用してのアプリケーション作成時では、処理の流れがフレームワーク側で実装されていて、その上にUIや機能を付け足していく為のプログラムを書く。

フレームワークはたくさんあるけどすべてを知る必要はない。ただ、どんなフレームワークがあるかを把握すると、開発するモノに応じてフレームワークを選び開発コストが下がる。

フレームワークをなぜ使うのか?

開発の効率化

処理の流れが実装されているので、コードを書く量を減らすことが出来る。ただ、フレームワークの仕組みを理解する為の学習コストがかかる。

コードの統一化

フレームワークには、アプリケーションを動かすためのプログラムの枠組みが提供されているので、枠組みの中でコードを書いていく事になる。枠組みがある事により、どの開発者が書いてもある程度コードが統一される。

コードの品質が担保されている

フレームワークを使っての開発は今では当たり前になりつつある。利用されるケースが非常に多いため、コードの品質がある程度担保されている

まとめ

簡単にまとめます。

要点まとめ
  1. ライブラリとは、用途に応じて存在し、いろんな機能を持ったプログラムがまとまったもの
  2. フレームワークとは、アプリケーションを動かすためのプログラムの枠組み

これらを書いた理由は、サイトなどを見ていたんですが、自分でまとめた方が理解出来ると思ったからです。

見ていて思ったのが、ライブラリやフレームワークが分からない俺みたいな人に、いろいろ説明されても結局分からないなぁっていうのが正直な感想だったので、なるべく端的に書いてみました。最後まで見てくださりありがとうございました。