開発雑記

プログラミング言語とマークアップ言語を区別してる?

どうも!最近プログラミングお勉強中のとりもです!
今日は、プログラミング言語とマークアップ言語のお話です。
何気なくこれらの言葉を使っていましたが、「説明して?」と言われると
ちょっと自信ないな…って思ったので今回はこちらについて書いてきますね。

プログラミング言語とは?

プログラミング言語とは、コンピュータにどんな処理をさせるか記述するための言語

これはプログラマーだったら簡単に説明出来る人が多いと思います。
もっと細かい事が知りたいと思った方は是非こちらを合わせて読んでください!

マークアップ言語とは?

マークアップ言語とは、コンピュータにどんな文章の構造かを伝えるための言語

問題はこっちです。
最近HTMLを触る事が多くなってきたのですが、HTMLをプログラミング言語と思ってました。でも、プログラミング言語とマークアップ言語は別モノなんですよね。

うちの師匠はこうゆう所も厳しく指摘されるので、いつもすみません!ってなるんですが
以外とごっちゃな方も多いんじゃないですか?

結局何がいいたいの?

パソコン使ってそれっぽい事したらプログラミングしたわ~
って思ってた自分が恥ずかしいっていう話。

思い込みって怖いなって改めて思いました。
知識のある方と話すと、こうゆう所は細かく指摘してもらえます。

理解した気になっていても、以外と分かっていなかったりするので今回は初歩の事を書かせていただきました。

ぶっちゃけネットでも普通にプログラミング言語で紹介されてたりしますからね…
ネットの情報を鵜呑みにするのもよくないし、思い込みでそのまま進んでも良くないし
改めて情報精査やいろんな媒体で調べてみるといいかなって思いました。