Web開発

WebデザインやWebプログラミングのテキストエディタならこれ!

最近Web系の事に興味があるとりもです!

普段プログラムを書かれている方はどんなテキストエディタを使っていますか?僕はVSCodeばかり使ってきたのですが、Web系の言語を触っている時に使いづらかったんですよね。

そんな時にいい感じのテキストエディタBracketsに出会いました。今回はBracketsについて書いていこうと思います。

Bracketsとは

Bracketsとは、アドビシステムズが無料で提供するオープンソースのテキストエディタ

このサイトからダウンロードできます。

Bracketsのここが良い!

標準機能だけで便利

他のテキストエディターだと拡張機能を使って対応していく事が多かったけど、このエディターは何も入れなくても使いやすい。拡張機能もあるみたいだが、現状それを使わなくても便利に使えている。

今から紹介していく機能も拡張機能を入れなくても使える機能なのですぐに使えるよ!

ライブプレビュー機能

HTMLやCSSを変更した時にすぐ変更点を確認出来るライブプレビュー機能。要素の範囲が目で見て分かるのが素晴らしい!

クイック編集

ファイルを開かなくてもHTML上からCSSを変更する事が出来る機能。

まとめ

今回はBracketsについて書かせていただきました。テキストエディターをこれだけでいく!という訳ではなくWeb系の言語をお勉強する際にはBracketsでいく!という感じです。

他にもインテリセンスや標準で日本語表記も魅力ですが、今回は特にありがたい機能についてざっくり書かせていただきました。最後にBracketsについてまとめです。

要点まとめ
  1. Bracketsは無料で使えるオープンソースのテキストエディタ
  2. 標準機能だけで便利
  3. ライブプレビュー機能で変更点をすぐに確認できる
  4. クイック編集でHTML上からCSSを変更できる

実際に使っていく中で拡張していくと思うので、便利な機能を見つけたらこの記事を更新していこうと思います。